さとう式リンパケア

次世代型 健康増進法 さとう式リンパケア


さとう式リンパケアとは、名古屋の歯科医師 佐藤青児氏が考案した、顎関節症の改善からはじまった、健康法です。

「もまない・押さない・ひっぱらない」をキーワードに、やさしいタッチで筋肉にふれることで、筋肉をゆるめて、身体を“筒状”に整えます。


様々な不調にも、有効なばかりか、身体が筒状になると、スタイルアップ効果も。

また、筋肉を最高のコンディションにすることによって、スポーツのパフォーマンスアップにも有効です。


筒身塾では、さとう式リンパケアの身体の動かし方=身体操作で動いて稽古し、身体を整えますが、身体に負担がかからない身体操作で日常で動けるようになるには、やはり継続して稽古をすることが必要だと、私は思います。


なので、身体の動かし方で、すぐに改善しない問題は、大元である、さとう式リンパケアのセルフケアや施術でアプローチしていくのがよいと感じています。


また、さとう式リンパケアの講座を受講することによって、「身体が筒であること」「支持筋は屈筋であること」「筋肉をゆるめること」などの理論を学ぶことで、より身体操作の理解が深まり、筒身塾での稽古がレベルアップすると考えています。


甲子園さとう式リンパケアスタジオ テンダーは、筒身塾と同じ、トータルエステティックサロン ビューラー大谷内にあり、さとう式リンパケアの各種講座を開催しています。