ハイスクール ファイトクラブ⑨

こんにちは。平昌オリンピックを観ていたら、スノーボードしたくなりました(笑)


武道教室 筒身塾(とうしんじゅく) 塾長 大谷晃夫です。



クラスメート Yの発案で始まった「ファイトクラブ」


ついに、初陣を迎えました。



相手は、クラスメートのOくん。



僕より身長は低かったと思うけど、それ以外の体格は彼が勝っていました。


「まさか自分が、こんな試合みたいなことをするなんて…。しかも、本気じゃないとはいえ、ボクシングみたいなことを…。」


内心思いながら、Oくんと対峙していました。



彼も怖いのが伝わってきます。


殴り合いなんて、誰だって怖いさ…。


でもなぜか、この怖さが快感でもありました。



何度か彼が恐れながらも、牽制のパンチを打ってきたところに、「タイミング」が見えたので、ストレートパンチをアゴに一閃!


彼は、痛がりながら、うずくまりました。



休み時間の遊びだし、お互い「完全な本気ではない」のを暗黙の了解でわかっています。


なので、軽いコンタクト。


時代とはいえ、よくこんなことをしたもんです(汗)



僕は自分に驚いていました。


「Yに勝てたのは、マグレじゃなかったんだ‼︎」



今までテストでは赤点しか取ったことがなく、運動もできなかったので、体育の時間にスポーツのチーム分けする時は、いつも余っていた僕。


そんな僕が、初めて味わった「勝利」かもしれません。




後日、また試合に臨みました。


相手は、Sくん。


僕が、Yや、Oくんに勝ったのを知って、完全に浮き足立ってます。



彼は逃げ回るので、捉えにくかったです。



闘ってるうちに、「蹴ってみてはどうだろう?」と、咄嗟に閃きました。


そして、足が勝手に動いて、回し蹴りを出していました。



相手は、面食らっていました。



僕だって驚いてます。



クラスメートのYから、サンドバッグにされていた時によく、「佐竹のキック!」と言われて蹴られていたことから、身体が学んでいたのです!



その「試合」も、ストレートパンチで勝利。



もう完全に「闘いの快感」に酔いしれていました。



そして、「佐竹って名前、カッコイイな。佐竹って誰?」とYに聞きました。


「佐竹雅昭。空手家だよ。」



つづく



0コメント

  • 1000 / 1000

西宮市・甲子園 40代からの 心と身体を整える 武道教室 筒身塾

2018年1月スタート!! 兵庫県 西宮市 阪神電車 甲子園駅から徒歩2分 トータルエステティックサロン ビューラー大谷内 筒身塾は、話題の"次世代型 健康増進法" 「さとう式リンパケア」の不思議なカラダの使い方 身体操作を使って稽古する武道教室です。 初心者 大歓迎!