「キメ」た! 武道で世界平和に貢献する!

ご無沙汰しております。武道教室 筒身塾(とうしんじゅく) 塾長の大谷晃夫です。



平昌オリンピックに続き、パラリンピックでの、日本人選手団の活躍が素晴らしいですね!



観ていて、とっても勇気づけられます。



今後の選手の方々の活躍も楽しみですね!




先日の話なんですが、私が学び、お伝えしている「さとう式リンパケア(筒身塾は、さとう式の身体操作を使って稽古する武道教室です)」の考案者 佐藤青児先生の講座を見学してきました。



丸一日の講座が終了した後、佐藤先生と、さとう式インストラクター達で、飲み会に行きました(私も、さとう式インストラクターの一人です)。




そこで「身体操作」の話になった時に、佐藤先生のとなりに座っていた僕に、先生が新しい身体操作を教えてくださいました。



それが、さとう式の極意のひとつでもある、「キメ」を作ること。




キメとは、僕も100%理解してるわけではないですが、腕の角度を「キメ」ること。



さとう式リンパケアには、人に施術してカラダを整える技術があるのですが、その時に「キメ」を用います。



ですが、身体操作で「キメ」を作るというのは、とっても新鮮でした。



でも同じ、さとう式なので、考えてみれば不思議なことではないのです。




佐藤先生に、「手首を掴んでみて」と言われて掴んだら、先生が腕の角度を「キメ」ました。



すると、掴んでいるはずの、僕のカラダが面白いように操作されてしまいます。




そして、右手で掴んでいた僕の半身がまるで、さとう式リンパケアの施術を受けているように、「カン!」という感覚が来て、整っていくのがわかりました。



この感覚は、受けてみていただかないとわからないので、説明が難しいです。



しかし、この時僕は、とっても嬉しかったのです!



なぜなら、僕が探していた「パズルのピース」が見つかったからなんですね。




さとう式の身体操作をYouTubeや、別のブログで伝えてきて、身体操作で動いてる自分が従来の筋力より、はるかに圧倒的なパワーを出したり、自分のカラダが整うのはわかっていたんです。



それだけでもスゴイことなんですが、身体操作で「相手の身体も整えることができるようになったらいいな」と常々思っていたんです。




身体操作で稽古して、自分の身体だけでなく、相手の身体も整う。



お互いの身体の整え合い。




さとう式の施術と同じく、身体操作で動くと身体が「筒状」に整っていきます。



身体が筒になると、身体の中の腔(くう=空間)がひろがり、心臓や肺も動きやすくなり、呼吸もラクに。



呼吸が深くなると、「幸せホルモン」である、セロトニンの活性が高まると言われています。




セロトニン活性が高まると、「平和」な気持ちに。



元来、日本人は争いを好まなかったと言います。



武道や古武術の稽古も、相手を打ち負かすより、ひたすら動作に「集中」し、「成長」していくために行われていたと言います。




ある武道では、技を相手にかけることにより、相手の身体を痛めつけるのではなく、整えていると言われています。



しかし、海外からの文明が入ってきて、日本人の生活様式が変わり、日本人が本来していた身体操作(からだの使い方)は、忘れられてきたと言われています。



その武道も、現代の身体の使い方で動いていては、どうしても力づくになってしまい、目的は相手を整えることでも、実質、力で制していることになり、相手にダメージを与え(意図せずとも)、自分の身体さえ壊してしまっているように思います。




長くなりましたが、さとう式身体操作で相手も整えることができるなら、その武道が目指している理想も叶えることができると思います。




実は、さとう式身体操作で、相手の身体を整えることはスタンダードだったのかもしれませんが、それに気づけてとても幸せです。



身体操作で稽古し合うことで、お互いの身体を筒状に整えて機能的にし、なおかつセロトニン活性して、平和な気持ちになる。




現代社会は、競争に「勝ってナンボ」の世界。



勉強で勝つ! スポーツで勝つ! 仕事で勝つ! 競合他社に勝つ!




勝って分泌されるホルモンも、ドーパミンという幸せホルモンです。



しかし、ドーパミン刺激は長くは続かない。



また、新たな刺激を求めて勝利しなくてはなりません。



ギャンブルや、麻薬で得られる快楽の刺激も、ドーパミンによるものと言われます。




そんな社会、いつかみんな共倒れになってしまうと思います。



それに、欧米諸国がすでに気づき、「マインドフルネス」という概念が流行りはじめています。



瞑想をしたり、今この瞬間に意識を向ける。



それは、かつて日本人が行っていたことなんですね。




座禅を組む。お茶をたてる。盆栽。武道の稽古。



過去や未来に意識を煩わさず、今この瞬間に「集中」する。




そういうことをしていると、セロトニンが活性する。



そして、「キメ」ができるなら、武道の稽古でますますセロトニン活性する!



平和な気持ちになる!



平和な気持ちの人が増えれば、世界がどんどん平和になっていく!




僕は自分や、筒身塾の活動理念を「世界平和」にしています。



そして、この「キメ」が世界を平和にしていくカギになるんじゃないか!と思えたんです。




幸い、このキメはそんなに難しくないと思います。



キメを知った後の数日、いろんな人に試してもらいましたが、みなさんできました。



武道経験のない人達です。



これで、さらに確証を得ました。



「キメ」が世界平和に貢献すると!




筒身塾は、世界を平和にしていくと「キメ」ました。




キメ!

0コメント

  • 1000 / 1000

西宮市・甲子園 40代からの 心と身体を整える 武道教室 筒身塾

2018年1月スタート!! 兵庫県 西宮市 阪神電車 甲子園駅から徒歩2分 トータルエステティックサロン ビューラー大谷内 筒身塾は、話題の"次世代型 健康増進法" 「さとう式リンパケア」の不思議なカラダの使い方 身体操作を使って稽古する武道教室です。 初心者 大歓迎!