「筒」意識で合気上げをキメる!



こんにちは。武道教室 筒身塾(とうしんじゅく) 塾長の大谷晃夫です。




今年は平昌オリンピックをはじめ、日本人のスポーツ選手が国際大会などで大活躍ですね!



スピリチュアルでは、「日本人の覚醒がはじまってる」とか、「日本人がこれから世界を変えていく」なんてことをチラホラ聞きます。




僕はスピリチュアルの専門家ではないですが、ホントだったら日本人として、とっても嬉しいですね。



筒身塾がベースにしている、健康増進法「さとう式リンパケア」の身体操作(しんたいそうさ)も、かつての日本人がしていた身体の動かし方と言われています。




身体操作で動いてると、僕自身の体感として、すぐにカラダが暖まります。



カラダが持っている、もともとの大きな力を使うことができるようになり、見た目もスタイルアップしていくんです。



また胸腔(きょうくう)という肋骨内の空間が拡がることにより、心臓と肺がラクに動けるようになり、呼吸も深くなります。




呼吸が深くなると、「幸せホルモン」と言われる、セロトニンが活性化。



また、武道の稽古に集中することでも、セロトニン活性を促がすことができます。




日本人本来の身体操作で、武道の稽古をすることにより、セロトニン活性で「幸せ」に感じる人を、筒身塾はどんどん増やしていきたいと思います。




さて、前回に続き、今日も身体操作の動画を作成したので、公開いたします。



【身体操作 「筒」意識で合気上げをキメる!】



下のサムネイルをクリックすると、動画をご覧になれます。


いかがでしたでしょうか。



動画で取り上げた「合気上げ」。



合気とつくように、合気道の技術です。




僕はかつて、合気道を学んでいたことがあるのですが、センスがなかったのか、合気上げをはじめ、あらゆる技術ができるようになりませんでした。



おそらく、力づくでなんでもやってしまうクセがカラダに染み付いてしまっていたので、うまく脱力できなかったんだと思います。




筋肉を鍛えてパワーを出す、チカラを出す、といった時代に意外かもしれませんが、日本の古武道や古武術では、「脱力する」ことにより、チカラを出すといったものが多いと思います。



合気道も、もともとは「柔術(じゅうじゅつ)」という古武道から派生したんです。




筒身塾では、いろんな武道・武術の技を、さとう式リンパケアの身体操作で稽古し、自分とお互いの身体を整え合い、心身ともに健康を目指しています。



塾生募集中です。




今日もお読みいただき、ありがとうございました。

0コメント

  • 1000 / 1000

武道教室 筒身塾

武道教室 筒身塾(とうしんじゅく)のホームページへようこそ! 筒身塾は、次世代型 健康増進法「さとう式リンパケア」の身体操作を使って「心と体を整える」のを目的に武道の稽古をしています。