力を使わずに、強力な突き(パンチ)を出す!


こんにちは。武道教室 筒身塾(とうしんじゅく) 塾長の大谷晃夫です。



今日も、筒身塾がベースにしている、健康増進法「さとう式リンパケア」の身体操作の動画を作成したので、公開しますね。




【力を使わずに、強力なパンチを出す!】


下のサムネイルをクリックすると、動画をご覧になれます。


いかがでしたでしょうか。



厳密には「力を使わずに」ではなく、自分の身体が本来持っている、「屈筋(くっきん)の力を使う」と言った方が正しいです。




屈筋とは、腕や脚など身体を「曲げる」筋肉のカテゴリーです。



屈筋と対になるのが伸筋(しんきん)という、身体の曲げた部分を「伸ばす」方向に使う筋肉たちです。




本来、このような突き(パンチ)の動作では、伸筋を使います。(本当は突きって腕だけじゃなく、下半身や胴体も使うのですが、ここではわかりやすく、腕だけの動きであらわしています)。



ですが、さとう式リンパケアの身体操作では、屈筋をなんと「伸ばす」ように使います。



こんなことを言ってる(屈筋理論)のは、さとう式リンパケアだけですね。




動画で言っている「身体を筒にする意識」というのも、さとう式リンパケアの「身体を支えているのは屈筋」という理論からきていて、身体を筒にしているのも屈筋なんですね。




他の似たような身体操作の動画をみていて、「パンチはこんなふうに押すように出さないよ!」とか、「こんなゆっくりのパンチだったら避けられるよ!」というコメントがされてるのを見た事があります。



空手やボクシングなどの試合などで出す突き(パンチ)は、構えたところから、速く打ち出しますよね。



なので、格闘技の試合などで使う場合、この身体操作の意識で速く打てばよいのです。




動画では、速く打つと危ないので、あのような形で紹介しています。



もちろん、パンチだけじゃなく、日常やスポーツで同じ意識で身体を動かすことで、いろいろと応用できると思います。




今日はこの辺で。




いつもお読みいただき、ありがとうございます。

0コメント

  • 1000 / 1000

西宮市・甲子園 40代からの 心と身体を整える 武道教室 筒身塾

2018年1月スタート!! 兵庫県 西宮市 阪神電車 甲子園駅から徒歩2分 トータルエステティックサロン ビューラー大谷内 筒身塾は、話題の"次世代型 健康増進法" 「さとう式リンパケア」の不思議なカラダの使い方 身体操作を使って稽古する武道教室です。 初心者 大歓迎!